• 弁護士法人かながわパブリック法律事務所
  • 事務所外観2018
  • 弁護士法人かながわパブリック法律事務所

HOME ≫

最新情報

HOME

民事法律扶助を利用した電話相談について

 民事法律扶助(法テラス)を利用した電話相談を2021/3/31まで受け付けております。

〇対象者
 民事法律扶助の要件を満たす方
 (収入等の要件がございます。詳細はこちらをご確認下さい)

〇対象事件
 相談される方ご自身の民事・家事に関する法的紛争(離婚,相続,交通事故,借金の問題等)
 ※代理での相談はできません。
 ※刑事事件に関する相談は対象外となります。
 ※同一案件については,他事務所での相談も含めて3回までの相談となります。

〇相談実施までの流れ
 1 当事務所にお電話(045-640-0099)下さい。
 2 相談される方の住所・氏名・上記収入等の要件をお聞きします。
   相手方のある件については,相手方の住所・氏名もお聞きします
  (既に相手方が当事務所に相談している場合には当事務所で相談を受けることができないためです)。
 3 電話相談実施日程を調整します。
   対応可能弁護士が不在の場合,数日お時間を頂くことがございます。ご了承下さい。

 

かながわパブリック法律事務所について

IMG_1971(HP掲載用)トリミング

当事務所は「都市型公設事務所」です!

「都市型公設事務所」とは、東京・大阪を初めとする全国各地の都市において、一定の公益的な活動を行うこと、弁護士過疎地で活動する弁護士を育成することなどの目的のために,弁護士会の費用援助の下に開設・運営されている法律事務所です。

当事務所は、誰でも気軽に法律相談することができるような法律事務所を目指し、事件の種類を問わず、市民の皆様の様々な法的ニーズに応じることができるよう職務に取り組んでおります。

また、若手弁護士らを育成して、各地の弁護士不足地域に派遣し、これまで弁護士が少なかった地域で住民の方々が法的援助を受けられるよう活動しています。

ごあいさつ

2009(平成21)年9月、私たちは、神奈川県弁護士会、関東弁護士会連合会(関弁連)および日本弁護士連合会(日弁連)の支援を受け、全国で15箇所目、神奈川県では初めての「都市型公設事務所」として、「弁護士法人かながわパブリック法律事務所」を開設しました。
 
当事務所は、関東甲信越地域を中心として、弁護士の不足地域をなくし、市民の皆様に弁護士の良質なリーガルサービスをご提供することを主な目的とし、市民の目線に立った、幅広い弁護士業務を精力的に行っていきます。

弁護士不足地域での弁護士活動は特に、社会生活上の医師、「町医者」としての役割が期待されます。
当事務所も、市民の皆さまが「町医者」に気軽に訪ねるように利用していただけるよう、サービスの充実・向上に努めてまいりますので、何卒よろしくお願い申し上げます。
2020(令和2年)年2月1日
弁護士 中山 雅博
弁護士 重野 裕子
弁護士 青木 一愛

取扱業務

債務整理/離婚問題/相続問題/交通事故/消費者被害/労働問題

その他、刑事事件、不動産問題など各分野を取り扱っていますので、詳しくは「取扱業務」のページをご覧ください。

はじめての方へ

法律相談は、1回(30分)につき5,000円(税込)をいただきます。
ただし、多重債務相談については、初回相談料は無料とさせていただきます。また、要件を満たす方には、法テラスの法律相談援助をご利用いただけます。

お問い合わせはこちら

横浜市内の公設事務所

かながわパブリック法律事務所

〒231-0007
神奈川県横浜市中区
弁天通2丁目21番地
アトム関内ビル7階

電話番号
045-640-0099

受付時間 9:15~17:30
月〜金(土日祝を除く)



1階にミニストップがあるビルの7階

事務所概要はこちら

モバイルサイト

弁護士法人かながわパブリック法律事務所スマホサイトQRコード

弁護士法人かながわパブリック法律事務所モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!